新富町と三洋化成工業株式会社と連携して持続可能な農業の実現を目指します。

新富町三洋化成工業株式会社(本社:京都市東山区、代表取締役社長:安藤孝夫様)と持続可能な農業を目指して連携協定を締結しました。三洋化成工業株式会社は、「企業を通じてよりよい社会を建設しよう」という社是のもと、持続可能な社会の実現に貢献する製品開発に取り組んでいる会社です。

近年は重点分野として、エネルギー分野、バイオメディカル分野に加え、人々の健康と暮らしを支える農業分野にも注力しており、その1つとしてペプチド(アミノ酸がつながったもので、植物の代謝や組織間の情報伝達手段の要として働く成分)による農作物の収量や品質の向上を目指した開発研究を行っています。

連携協定の概要は
① 地域資源および営農研究・実証実験成果を生かした新たな農業生産の構築に関すること。
② 地域農業の活性化及び人材育成に関すること。
③ 企業参入による地域農業の振興と雇用創出に関すること。
④ その他、両者が必要と認める事項

となっています。

一般社団法人ニューアグリベースは、三洋化成工業株式会社と新富町の連携協定を基に、ペプチド等の有用技術を用いた新しい農業を確立し、持続可能な農業の実現を目指します。

新富町秘書広報通信記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。