ペプチド散布を行いました。

実証実験中の試験研究用ハウスにおいて、きゅうりにペプチドを散布しました。

ハウス内に対象区(ペプチド散布なし)と実験区(ペプチド散布あり)を設け、ペプチドの取扱いは、専門職員が保護具を装着し、十分な安全対策を施し行いました。

これから、きゅうりの成長及び収量変化を確認していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。